最近の記事

周りの人々をかき乱す「超主観」な人々は善か悪か!?

生きていると、割と「超主観」な人に遭遇することがあります。

こんにちは。六弦A助です。

ちなみに「超主観」とは、物事を自分目線で考えすぎる人のことです。
いわゆる社会では「あの人、ちょっと自己中心的じゃないかしら?」と思われてしまうタイプの人がこちらに該当します。

ちょっと分かりにくいですかね。
例えばあなたがどこかのニュースサイトでこんな記事の見出しを見たとします。

Symphony Xの最新アルバム、ビルボード1位を獲得!

例えばです。例え。
あなたはこのビッグな情報を共有できそうな誰かに話したくて、翌朝、同じ趣味の友人にこの話をしました。
すると友人からこんな答えが返ってきました。
「え、Symphony Xよりもイングヴェイの方がふさわしくない?」

それはあなたの意見です

お気付きでしょうか。
あなたはただこのビッグなニュースを誰かに報告して共有したいだけなのですが、この友人は自分の趣味や願望を話しており、会話が成立していません。
当然ながらあなたには全く他意はありません。
このままでは二人の会話が終わってしまいますので、まずは今の二人の歩み寄り度を数字として客観的に把握するための簡単な式を表してみましょう。

{(人の話を最後まで聞く力 + 相手への理解力) × いま何が起きているかを理解する力} × 経験値

これを自分 (Aとします) と友人 (Bとします) のそれぞれで算出します。
数値は任意です。私の場合は最大値を100としました。平均値は50です。
最後にB ÷ Aを求めると答えが出てきます。

ちなみに答えが1に近づけば近づくほど二人の関係は良好と言えます。
この二人の場合、答えは限りなく0です。

では上記の式について補足説明をして参りましょう。
式の前半の括弧内は、ざっくり言えば客観力に該当します。
この値がプラスになればなるほど、冷静な判断力があると言えましょう。
逆にマイナス方向だと対面での状況判断が難しくなるので、結果的に自分の話ばかりをしてしまうようになります。

「いま何が起きているかを理解する力」はこの中でも特に重要で、物事を正しく把握できているかを表しています。
ここが弱いと、例えば現金払いからクレジットカード払いにした途端、今月いくら使っているのかがわからなくなる、ということが起きてしまいます。

式の最後にある経験値は、似たケースに遭遇してそこから学んだ数です。
ですので反復経験からまるで学べていない場合、数値は1のままです(笑

ここまで見ると、なんだか「超主観な人は悪」みたいな話にも思えて来ますが、必ずしもそういうわけではありません。
超主観な人は客観力の強い人に比べて良くも悪くも周りを見ていないので、周りに流されにくいという強みを持っています。
いわゆるアーティスト向きなタイプであると言えるでしょう。
うまく向いている方向へ走ることができれば素敵な未来が待っているかもしれません。
逆に客観力に優れた人は、こういうタイプの人を補佐してあげることで自らもまた、幸せになれるのかもしれません。

ご静聴ありがとうございました。

六弦A助

六弦アリスや七幻シュトラーセというユニットを主宰しております。
そこで人の在り方について分析や研究をしております。
音楽なんかもやっております。
休日は街の書店に住んでいます。

関連記事

  1. 【10/7】レコ発ライブ、迫る!

  2. 2017年を締めくくる渾身の最新作「Psylent Majority」の聴き所

  3. 10.7【46番目の地下室】ライブレポート

  4. 自転車の車輪にテニスボール

    【彼らはどこへ?】自転車の車輪にテニスボールが挟まっていた人々

  5. 明けましておめでとうございます。

  6. C93会場にて限定販売するオリジナルグッズについて

  7. ライブ当日の物販スケジュールなど

  8. M3 2017秋 搬入リストの詳細

  9. ありがとう 2017

第6実験室

人気記事ランキング

PAGE TOP